管理人の独り言

このページは、管理人が日々考えていることを何の制限もなく思いつくままに書き綴っただけのページです。
お見苦しい点も多々あるかとは思いますが、そこは皆さんの広く大きな心で好意的に読んでやって下さい m(_ _)m

<<前のページ | 次のページ>>
2010年12月19日(日)
12月になりました

皆さまお久しぶりでございます。またまた管理人の愛用PCが入院いたしまして(電源が立ち上がらなくなりまして・・・)入院をしておりました。一昨日やっと「退院」しまして、元通りの働きをしてくれるようになりました。さて、最近管理人の周りで起こったことを考えておりますと、12月5日に「奈良マラソン」がありまして、管理人の職場のすぐ近くもコースに選定されておりました。我が母校「天理高校」の前が折り返し地点になっておりまして、多くの方々が応援に来られていました。管理人も少しだけのぞきに行かせてもらいましたが、ちょうどその時オリンピック金メダリストの「高橋尚子」選手が折り返し地点でランナーたちをハイタッチで激励していました。彼女の周りにはものすごい「人垣」ができていまして、「さすが有名人やな〜」と感心していました。こんな有名人を生で見たのは久しぶりでした。その一週間後、12月12日には天理大学野球部の皆さんによる恒例の「野球教室」を開催していただきまして、今年も中村良二監督に親切にしていただきました。でも子供たちの”お目当て”は、今年のドラフト会議で巨人から4位指名を受けた小山雄輝投手でした。この前も書きましたが、彼は本当に礼儀正しい選手で、子供たちのお手本にしたい選手です。小山選手から子供たちへのメッセージの中で、「皆さんが大きくなって、プロ野球選手になるまで、僕もプロの世界で活躍し続けられるような選手になりたいです」という内容がありました。今の小学生が大人になってプロ野球選手になるまでには少なくとも7年から10年くらいはかかりますが、小山投手がその頃に巨人のエースとして活躍してくれていたら本当に嬉しいですよね!コスモは昨日(18日)総会を行いまして、平成23年度の体制に移行しました。子供達が小学校を卒業して巣立って行っても、このチームの伝統がいつまでも続くように願って止みません。

2010年11月27日(土)
我が町出身のスターがやってきた!

11月のある日、天理小学校のグラウンドにめっぽう背の高い青年が現れました。彼はコスモの選手たちに混じって野球の練習をはじめていたそうです。しばらくすると、管理人の携帯にヤンチャーズのF監督から「巨人のドラフト4位の小山雄輝(こやま ゆうき)選手が来てるでぇー」という連絡がありました。彼は愛知県の大府(おおぶ)高校から天理大学に入学し、野球部のエースで、ストレートが最速149`というスピードに、カーブ、スライダー、フォークも使える本格的なピッチャーだそうです。過去に天理高校からはプロ野球選手を何人も輩出していますが、天理大学からは初のプロ野球選手です。普通、プロに指名される選手は自信満々で、ちょっと近寄りがたい雰囲気の人種かと思っていましたが、小山選手はものすごく丁寧で「腰の低い」ものすごく好感のもてる「いい人」でした。コスモの選手たちが色々な質問をして、「どんな選手になりたいですか?」という質問には「まずは皆さんに名前を憶えてもらって、ファンに愛される選手になりたい」という返答で、「ファンは何人くらい欲しいですか?」という質問には、「多ければ多いほど嬉しいけど、僕のファンの第1号はコスモの皆さんです」と、管理人が涙を流しそうな答えを言ってくれました。彼に、「1日も早く1軍に定着して東京ドームのマウンドで活躍してよ!」と激励しつつ、「甲子園ではちょっと手を抜いてね」とお願いすると、苦笑いをしていましたが、本当に彼の活躍を願わないではいられません。コスモのみんなも小山君のような選手になって、「契約金」で管理人におごってよ〜

2010年9月20日(月)
復活!

皆さまお久しぶりでございます。管理人愛用のノートPCが、8月上旬のある日、突然電源が入らなくなり、うんともすんとも言わなくなりまして全くの「音信不通状態」になりました。忙しさにかまけて2週間くらいほっといて、それから修理に出しましてさらに2週間。9月に入りようやく帰ってまいりました。さあ、「やっとホームページの更新だ」と思ったところ、今度はインターネットに接続ができない状態に… いろいろと接続の設定をいじってみたものの全く繋がりません(>_<)  アナログ人間の管理人には、全く未知の領域でさっぱり「お手上げ状態!(^^)!」そんなこんなで今日まで試行錯誤の日々が続きまして、どうにもならず困り果てたところに、管理人の職場でコンピューターを一手に引き受けている「電算課」というセクションがありまして、そこのK氏が管理人の惨状を見かねて家を訪ねてくれました。K氏と二人で「あーでもない、こーでもない」と悩みながら、1時間ほど色々と設定をいじっていましたら、ふと「このファイアーウォールが邪魔しとるのでは?」という話になりまして、ファイアーウォールをはずしましたところ、あっさりと接続が可能に… 約半月悩んだ原因が、たったこれだけのことだったとは、ショックでした。しかし、無事接続が再開されましたので、また張り切って更新をさせていただきます。みなさまご迷惑をおかけしてすみませんでした。また宜しくお願いいたします<m(__)m> 

2010年7月29日(木)
やりましたね(^o^)~ 天理高校

夏といえば野球! コスモも全国大会を目前に控えておりますが、やっぱり天理高校野球部は野球少年の憧れの的ですねぇ。「第92回高校野球選手権奈良県大会」は、本日決勝戦を迎え、天理高校対智弁学園の伝統校同士の対戦となりました。しかし、天理対智弁の決勝での対決は13年ぶりだそうで、ちょっと意外でした。我らが天理高校は初回から智弁学園を圧倒し、終わってみれば14対1の大差での勝利となりました。この結果も意外でした。でも天理高校打線は凄いですねー。なんだか智弁のピッチャーが可哀想に思えてきたりもして… しかし、最後まで手を抜かず、全力でぶつかることが相手チームへの礼儀というものですよね。この調子で奈良県代表として甲子園でも「天理旋風」を起こしてもらいたいものです。これで今年の夏休みの楽しみが増えました! またみんなで甲子園応援ツアーを計画したいと思いますので、皆さんお楽しみに。で、本日(正確には昨日)恒例の天理教「こどもおぢばがえり」の夜のパレードに、天理高校野球部が出るだろうということで、管理人の家族全員で見学に行ってきました。やっぱり天高野球部の人気は凄いですねー。天理ナインが登場すると、ひときわ大きな声援が飛んでいました。あまりいい写真は撮れませんでしたが、なんとかパレードの雰囲気が解っていただける感じの写真を載せておきます。天理高校の人気にあやかって、コスモのメンバーも全国の舞台で頑張って欲しいものです。北海道に行く前に、今月の31日から夏の県大会が始まります。全国大会の「前哨戦」として、こちらも全力で頑張りましょう!

2010年7月21日(水)
猛暑を吹き飛ばして…

最近暑い日が続いていますが、皆さまお元気でしょうか? 管理人は体型のせいか(?)寒さには強いのですが、暑さには滅法弱いのです。天理では今年も「こどもおぢばがえり」の準備が着々と進んでおりまして、天理小学校のグランドもたくさんのテントが張られて、野球の練習ができるような状態ではありません。しかし、全国から夏のおぢばへ帰ってくる多くの子供たちが喜んでくれると思うと、「グランドが使えないことを不満に思っている場合ではないなー」と思いますね! そんな天理小学校の校舎に、写真上のような「横断幕」が登場しました。コスモのスポ少全国大会出場を祝って、保護者会の皆さんが校長先生と相談をして付けてくださったようです。いいですねーっ! 天理高校の前には、各クラブの全国大会を祝う看板が毎年のように出ていますが、天小では初めてのことだと思います。こどもおぢばがえりに帰ってくる全国の皆さんにも知っていただけるチャンスです。有難いことです。そんなことを考えながら、本日天理教本部の神殿近くを歩いていますと、写真下のような涼しげな光景に出会いました。これは天理教教会本部の「保安室消防掛」の皆さんの「放水訓練」の様子です。24時間体制で神殿および周辺の建物を火災から守る「自衛消防団」として頑張っておられる皆さんですが、ここの責任者はコスモのメンバーのお父さんです。この人たちが出動しないことが一番ですが、いざという時に備えて日夜スタンバイしておられる、まさに「縁の下の力持ち」的な存在です。こんな人たちの努力のお蔭で、我々も安心して参拝に行けるんですねー。本当に頭が下がります。しかし涼しそうでした(^o^)v

2010年7月9日(金)
本日の朝日新聞朝刊に載ってました

本日(9日)付の朝日新聞奈良版に、「第92回全国高校野球選手権奈良大会」が明日(10日)に開幕するという記事が載っていました。注目の選手として、奈良大付属の松田投手や王寺工業の桑原投手のことが写真付きで紹介されていました。(写真上)今年から県営橿原公苑野球場は、県内の社会人軟式野球の強豪「佐藤薬品」さんがネーミングライツ(命名権)を買い取られ、「佐藤薬品スタジアム」という名前になったそうです。その高校野球の各日の始球式に、県内の小中学生10人が登板することになっておりまして、我がコスモからも仲野芳文が出場することになりました。他の9人と共に写真付きで紹介されています。(写真下)芳文は今月25日(日)の朝8時30分に登板する予定ですので、お時間のある皆様、どうぞ芳文の晴れ舞台を応援に行ってあげてください(≧o≦)
こんなことは、一生のうちにそうそう経験できることではないと思います。この大きな舞台に立てる芳文は本当に”幸せ者”です。芳文にはコスモ全員の代表として頑張ってもらいたいものです。新聞に載っている写真を見ると、芳文の帽子がちょっと斜め? まあこれも「ご愛嬌」ですよね。(すいません、この写真管理人が撮影しました) しかし、知ってる人間が新聞に載ることが滅多にないので、なんだか嬉しいですねー。北海道への景気づけにちょうどいいイベントになりますね。
それぞれの写真をクリックすると、大きな写真にリンクしています。

2010年6月28日(月)
今年も奈良県は天理高校が大本命?

もうすぐ今年の高校野球奈良県大会が開幕しますが、管理人の「愛読書」である『報知高校野球』によると、今年も奈良県の「本命」は天理高校だと書いてあります。昨秋・今春の大会も、県内無敗だそうです。技巧派左腕・沼田、最速152`の西浦健、そして変化球が多彩な岡田と書いてあります。県内の他の高校ファンの方々には申し訳ないのですが、やっぱり天理高校が奈良県代表として甲子園に出場してくれることを願ってやみません。しかし、この『報知高校野球』によると、対抗馬として、奈良大付属高校の名前が挙がっています。奈良大の左腕・松田投手がすごくいいピッチャーだそうです。そしてやっぱり、智弁学園、郡山高校も決して侮れない強豪校であることは間違いありません。決して驕ることなく、謙虚な姿勢で頑張ってほしいものです。いつの時代にも、「甲子園のヒーロー」が登場するものですが、今年はどんな選手がヒーローになるのか? これもなかなか楽しみです。今年の夏も天理高校が甲子園に出ることになれば、またまた「応援ツアー」を企画しますので、お楽しみに! そういえば、来月3日はスポ少の近畿大会です。コスモのメンバーも、「平常心」で奈良県代表として、近畿他府県の代表チームに「胸を借りる」つもりでチャレンジしてほしいものです。でも、うらやましいですね、こんなに素晴らしい舞台で野球ができる子供たちは、本当に幸せ者だと思います。今こそ野球ができる喜びを感じ、ご両親や指導者、そして応援してくださる全ての方々に感謝して、淡路島で「ひと暴れ」してきてください。管理人は淡路島へ応援に行きたいのですが、なんせ土曜日で仕事がある日なんですよねー、なんとかお休みがもらえればいいのですが… 有給休暇あったかな???

2010年6月10日(木)
最近の出来事

またまたサボってしまいました。約1ヶ月半ぶりの更新です。その間管理人の周囲では色んなことがおこりました。自分自身の「近況報告」としては、5月29日から31日までの3日間「天理教災害救援ひのきしん隊(通称:災救隊)」の東海・北陸ブロック訓練に参加するために、長野県の諏訪湖の近くの山の中へこもってまいりました。今回の災救隊訓練には、東海地方、北陸地方の各県単位の天理教の災救隊員の皆さんに加えて、台湾からの災救隊の皆さんも参加され、我々はその台湾の方々の世話係も兼ねて参加させてもらいました。昼間は山中での遊歩道の整備を行い、ヘトヘトになりながらも、台湾の方々は陽気で元気でした。夜になると、やっぱりアルコールが入るのですが、台湾の方々が持ってこられたのは、高粱(こうりゃん)という穀物から作ったお酒で、アルコール度数58°というハンパないものでした。人並みには飲めるかなと思ってた管理人も、お猪口に2〜3杯飲んだところでダウンでした。でもあの人たちは平気な顔してずーっと飲んでました。恐るべし台湾人… 写真上は中央道の諏訪湖SAから望む諏訪湖の景色です。6月4日には、親交のある脇田善旨氏が、彼の母校である天理高校第二部の生徒に講演をしに来てくれました。天理高校の二部の生徒たちに彼のことを紹介すると、その経歴(日本人初のイタリアプロ野球選手等々)に驚き、ものすごく喜んでくれていました。講演の後に天理高校二部野球部の生徒に野球のワンポイントレッスン(写真:下)もしてくれてまして、後輩との楽しいひと時を過ごしてくれていました。しかし、いいもんですね! この前日には、「お約束」のとことん飲み会ツアーがありまして、少々二日酔い気味? 飲みすぎに注意しましょう…

2010年4月29日(木)

天理市内にお住まいの方は、気付いていらっしゃる方も多いと思いますが、天理高校前交差点の南東の角に、一風変わった建造物があります。管理人は去年の5月くらいから「何か作っとるな〜」と思っていたのですが、とある方から「あれ何?」というご質問をいただいたのに答えられず、改めて見学に行ってまいりました。写真上の、今までに見たこともないような物がありまして、説明の看板をよく見てみると「鳥翼風車発電機」というものだそうです。説明書きをさらにじっくり読んでみると、この発電機は天理教の教えの中にある「火・水・風」の守護を感じ、エネルギー資源の大切さを実感して、さらにその御守護の有難さを表現するために設置されたものだそうです。設置したのは、天理教の「環境問題検討委員会」というところだそうです。「風」と言えば、先日我が家に爽やかな風を運んでくれる来客がありました。元イタリアプロ野球選手の、脇田善旨さんご夫婦です。去年結婚されて、管理人も披露宴に呼んでいただき、鹿児島まで日帰り強行軍で参加したのを昨日のように憶えていますが、今回は脇田さんが天理教の「教会長資格検定講習会(後期)」を受講されていたのに合わせて、奥さんと生後3か月のお子さんも一緒に天理に来られていました。下の写真は、コスモOB会のO会長がお二人の愛娘「善香(よしか)」ちゃんをだっこしている様子です。孫を可愛がるおじいちゃんのようですが、O会長は「娘や!」と仰っておられました。「我が家の子供たちもこんな時代があったなー」と、管理人も懐かしく思いました。若い夫婦と可愛い赤ちゃんの「爽やかな風」で、我が家も明るくなりました!

2010年4月8日(木)
新しい季節

またまた皆さまお久しぶりです。言い訳がましいですが、年度末、年度初めは毎年のように業務に忙殺される日々が続きます。3月中旬から新規職員の受け入れ・研修、退職者の事務手続き等々でやっとの思いで4月を迎えることができました。気が付けば桜も満開の時期をやや過ぎているようです。上の写真は天理小学校の北門前の土手に咲いている桜です。一緒に写っているのは、管理人の愛車「メルセデス・アルト660SEL」です。下の写真は、天理高校とその西側に隣接する天理教語学院との間に咲く「桜のトンネル」です。ここは、知る人ぞ知る天理の桜の名所です。この道を通ると、なんだか幸せな気分になりますよ。毎年4月は、新しい出会いの季節ですが、同時に「旅立ち」の季節でもありますよね。私ごとで恐縮ですが、管理人の長男はこの春から天理高校第2部に入学することになりまして、全寮制ですので4月6日に天理高校第2部の男子寮である「陽心寮」に入寮し、親元から巣立って行きました。お世辞にも「しっかりしてる」などという言葉とは程遠い息子なので、「大丈夫かな〜?」と思っていましたら、意外にも本人はケロっとしているようです。親の方も、母親というのは案外サラッと子離れができるものなんですね… 案外平気な顔をしています。それに比べて、父親はダメですねぇ〜 「今頃なにしてるかなー」とか、「お腹空かしてないかなー」とか、「先輩と上手くやっていけるのかなー」とか、いらぬ心配ばかりで、我ながら情けないです… それから、昨日のニュースで、巨人の木村拓也コーチが亡くなったという話を聞いて、ものすごく悲しかったです。残された奥さんと幼い子供たちのことを思うと、やりきれない気持ちになります。「自分だけは大丈夫」という過信は禁物ですよ。「出会い」と「別れ」そして「巣立ち」の季節、桜の花の華やかさと、短い期間で散っていく「はかなさ」が、何とも言えず身にしみる季節です。

2010年3月14日(日)
春が来ましたね

だんだんと暖かくなってきました。昨日は長男の中学校の卒業式に参加して、子供の成長をしみじみと感じました。今日は県知事杯の支部予戦2日目で、一日中育成グランドにいました。育成は昨年次男が卒団して以来、あまり足を運ぶことが無かったので、久しぶりやなーという感じでした。知事杯予選は準決勝で「完全試合」を達成しての勝利でした。ピッチャーのヨシフミ君は、無駄な力が入らない、見事なピッチングで、あれよあれよという間に7回を投げ抜いて、気がつけば相手チームに一人のランナーも許さない、見事なピッチングでした。少年野球で「完全試合」って管理人は初めて見まして、ちょっと感動してしまいました。前栽さんとの決勝は、緊迫の試合運びとなり、どちらが勝ってもおかしくない試合でしたが、さすが「試合巧者」の前栽さんがワンチャンスをものにして、見事優勝されました。前栽さんには、県でも全国大会でも頑張っていただきたいものです。ところで最近管理人は、天理支部学童部の「事務局長」というお役をいただきまして、天理市学童部全体の仕事もさせていただく立場になったのですが、何をすればよいのかイマイチ判っておらず、たぶん自分の気づいてない所で、皆様方に多大なご迷惑をおかけしているのではないかと思います。学童部のK部長、S審判部長、K運営部長をはじめ皆様方、「長〜〜〜い目」で見てやってください。よろしくお願いしますm(_ _)m
写真は天理教教会本部東側の熱海桜の木(本日撮影)と、管理人の職場の前の紅梅(昨日撮影)です。本当に「春が来たなー」と実感します。ところで、天理高校はセンバツ第1日目の開会式直後のオープニングゲームで、福井県の敦賀気比高校との対戦が決まりました! またみんなで応援に行く段取りをしなくては…

2010年3月9日(火)
こどもコンサート

3月7日の日曜日に、天理市民会館で「第25回こどもコンサート」が開催されました。これは、天理小学校のオーケストラと合唱部の子供たちが、日頃の練習の成果を発表する数少ない機会なのですが、管理人の長女も合唱部に所属しているので、「たまには父親らしいことをしようかな〜」と思って、家内と二人で観に行ってきました。天理小学校は、スポーツが盛んな学校であるとともに、文化・芸術部門にも非常に力を入れているのです。オーケストラの方は、「平成21年度MBSこども音楽コンクール西日本大会」で、弦楽五重奏の部で最優秀賞、管弦楽の部で優秀賞、吹奏楽の部で優良賞を受賞。合唱部は「第76回NHK全国学校音楽コンクール」の奈良県大会で金賞、近畿ブロック大会で銅賞を受賞するなど、それぞれ輝かしい成績を残しています。
約2時間のコンサートで、それぞれとても小学生の演奏とは思えないほどの「ハイレベル」な演奏を聴かせてもらいました。このコンサートには、オーケストラと合唱部以外の天小6年生の児童たちが”有志”として参加していましたが、コスモのメンバーもほとんど全員参加していました。特にコスモメンバーのヒロトは、野球とオーケストラの「掛け持ち」で、ホルンのパートリーダーとして、見事な演奏を聴かせてくれました。意外と多才で驚きました(^^♪

2010年2月16日(火)
センバツが待ち遠しいです

天理高校が3年連続20回目の「センバツ」出場を決めて、なんだかワクワクしてきましたが、今年のセンバツはどんな強豪チームが出てくるのかと、気になっている方も多いのでは? 管理人もご多分にもれずちょっとでもたくさんの情報が知りたいと思い、本屋さんへ… 本屋さんのスポーツ関係のコーナーに行ってみると、ありました! 『報知高校野球』、『ホームラン』、そして『センバツ』と3誌も買ってしまいました!(^^)! でも、表紙を見てビックリ! 3誌とも東海大相模高校の一二三(ひふみ)投手が表紙を飾っていました。この投手、今大会注目度No1投手だそうです。その他にも沖縄・興南高校の島袋投手、帝京高校の伊藤投手などが、カラーグラビアで紹介されていました。しかしすごいですねー。高校生で140kmを超える球を普通に投げられるのが当たり前のような世界です。世の中すごい選手がいっぱいいるもんですねぇ(>_<) 天理高校も、沼田投手・西浦投手・そしてコスモOBの岡田投手も頑張っているようです。『ホームラン』誌によると、岡田投手は「持ち球のナックルを生かして、打たせて取るピッチングが持ち味」と紹介されていました。いいですねぇ〜(^^♪ 本当に楽しみになってきました。

2010年1月31日(日)
四国・九州アイランドリーグの選手と

先日、天理大学野球部の「少年野球教室」でお世話になった、天大野球部の木田コーチと「飲みに行こう!」という話になりまして、とある居酒屋さんに行ってきました。せっかくだからということで、オフシーズンで天理大学野球部と一緒に練習をしていた、天理大OBで四国・九州アイランドリーグ所属の笠井要一選手、菊永大志選手も誘ってみました。二人とも礼儀正しい”爽やかな青年”という印象を受けました。笠井選手は「香川オリーブガイナーズ」の外野手、菊永選手は「徳島インディゴソックス」の内野手だそうですが、人柄の良さが滲み出ていました。彼らは2月1日からそれぞれのチームに戻り「合同自主トレ」が始まるようです。彼ら二人の先輩に当たる木田コーチも、天理高校野球部時代は4番バッター、そして天理大時代は「阪神大学野球リーグ」のDH部門のベストナインに選ばれるなど、実力は抜群の人です。練習中は厳しいコーチのようですが、プライベートではメチャメチャ面白い青年でした。皆、野球を通じて天理で出会った若者たちですが、こんなに素晴らしい人柄は、野球の技術だけではなく「礼儀・礼節」を重んじる、天理大野球部の指導方針の賜物なんでしょうね。
(写真上は菊永選手、写真下は木田コーチと笠井選手)
天理小・天理中・天理高・天理大と、野球でしっかりつながっていけるように、「我々指導者も努力をしなければ…」と痛感しました。そういえば、今年のセンバツに天理高校野球部が3年連続20回目の出場が決まりました! 早くも「球春到来」で、盛り上がってきましたねぇ。今年も甲子園に応援ツアーを企画してみましょうかね!

2010年1月19日(火)
コスモOBの出世頭(しゅっせがしら)

今週の日曜日(17日)に、天理大学野球部主催の「少年野球教室」が開催され、天理市内と奈良市の合計6チームが、大学生にしっかりと「基本」を教えてもらいました。その野球教室が行われた天理大学野球部のグランドに、コスモOBで天理高校・天理大学野球部出身、現在四国・九州アイランドリーグ「香川オリーブガイナーズ」所属の笠井要一選手も顔を出してくれました。彼がコスモOBであること、そしてアイランドリーグに所属していることは知っていたのですが、彼は実はすごい人だったのです。2009年のアイランドリーグ盗塁王(41盗塁)、そして2009年のベストナイン(外野手)に選ばれていたのです。
彼が小学生時代のことを知る、村上コーチに聞いてみると、「あいつはとにかく足が速かった、そして練習の虫やった」ということでした。天理高校野球部の時代も「俊足好打」のセンターとして、甲子園にも出てましたし、すごい選手でした。こんな身近に、こんなにすごい選手がいたんですねぇー、コスモに関わる人間として”誇り”に思います。彼が今後ますます活躍して、アイランドリーグからNPBへとステップアップしてくれることを願ってやみません。本当に「いい出会い」をいただいて感激です。笠井選手のブログをご紹介しておきますので、是非ご覧ください。そして応援をお願いいたします。

http://kogkasai6.ashita-sanuki.jp/

2010年1月13日(水)
新年会そして卒団式

ちょっと日数が経ってしまいましたが、先週の土曜日はコスモ指導者の新年会でした。市内の「大和軒」という中華料理屋さんに「全員集合」して、楽しいひと時を過ごしました。やっぱり気の合う仲間が集まるのはいいもんですねぇ〜(^^)/ 管理人もすっかり出来上がってしまいまして、翌日が「卒団式」だということを、頭の片隅に覚えていたのですが、それもいつのまにか消え去ってしまいまして、大いに盛り上がってしまいました。この「大和軒」は天理市内の中華料理屋さんの中では、かなりの「老舗」です。管理人が高校生の頃にはすでに営業されていましたから、少なくとも30年以上前からやっておられるのでしょう。学生の頃からよくお世話になってる店です。そんなこんなで土曜の夜は「酔っ払い状態」でしたが、日曜の朝は「シャキッ」と目が覚めまして、コスモ22期生の「卒団式」へ出かけました。我が息子は1年前に卒団したのですが、その時のことを思い出してしまいました。なんだか息子以上に、自分のほうが「せつない」気持ちになって、なんと表現していいのかわかりませんでしたが、「安住の地」を無理やり追い出されるような、とても寂しい気分だったのを覚えています。今年の6年生の指導者・保護者の皆さんもとても仲が良かったので、そんな気分になったのではないでしょうか? 「出会い」があれば、必ず「別れ」があり、その次にまた新しい「出会い」があって、人は成長していくんですね(なんか詩人のようですが…)でも、また今年の春には新2年生が入部してきて、賑やかになるのでしょう! 感傷に浸っているヒマはありません。次の一歩を踏み出しましょう!

2010年1月6日(水)
あけましておめでとうございます

皆さま、新年明けましておめでとうございます。と言いながら、もう6日になってしまいましたが・・・ 今年のお正月は「掲示板」にも書きましたように、1日から4日まで家内の実家のある岐阜県下呂市に滞在しておりました。都会育ち(?)の管理人は、雪の多さにびっくり! 道路にもたくさん雪が残っていて、スタッドレスタイヤを付けていたものの、超ビビリながら運転しておりました。そして、昨日5日からは毎年恒例の天理教教会本部の「お節会(おせち)」が始まりました。昨年のお正月にも書きましたが、お正月に天理教教会本部に供えられた「鏡餅」をすまし雑煮にして、信者さん方に振舞われる「新年の風物詩」的な行事です。管理人も毎年のように「団体入場口」の誘導係として、「ひのきしん」にあたっていますが、昨日(5日)に誘導をしておりましたら、突然管理人の前に見慣れない野球のユニフォーム姿の少年たち十数人が整列し、「あけましておめでとうございまーす!、本年もよろしくお願いしまーす!」と、声を揃えて挨拶をしてくれました。
「えっ!誰?」と思っていましたら、少年たちの横に、昨年の「天理小コスモ杯」でお世話になった、「天理菅法少年野球部」の指導者の皆さんがほほ笑んでおられました。いやぁ〜嬉しいですねぇ〜 (^^)/ 「やっぱり、野球に携わっていて良かったなー」と、しみじみ思いました。自分に挨拶してくれたことだけじゃなくて、野球を通じて「にをいがけ」の効果が表れている姿を、目の前に見せていただけたことに、すごく感激しました。これは、当然各チームの指導者・保護者の皆さんのおかげですが、そこに天理小コスモも少なからず関わっているのかと思うと、何とも言えず嬉しい気持ちです! 今年もこんな調子で頑張りますので、お付き合いの程宜しくお願いいたします。

inserted by FC2 system